スズキハスラーの修理をした状態

JUNNOKI CAR 工房です。 平成30年式 スズキ ハスラーの入庫となります。 今回は右リヤクォーターパネル交換です。 ハスラーはスズキから生産、販売されている軽トールワゴンとSUVを融合させた新ジャンルの軽乗用車となります。 また、軽乗用車の中ではタイヤが15インチと大きく、多少の悪路でも問題ありません。 燃費効率も良く人気のスポーツ系車種となっております。 工房に持ち込まれた状態の写真です。 事故後のお写真を撮り忘れてしまったのですが、損傷はかなりひどく交換作業も少しお時間がかかりました。 クォーターパネルの交換となると、溶接機を使用して取り付けを行います。 また、クォーターパネル交換の際は取り外す部品も多くなります。 下地はサフェーサーで処理し、塗装に入ります。 最後にマスキングをして塗装を行っていきます。 作業が全て完了し、綺麗になった状態です。 お客様の大切なお車なので、いつも通り綺麗に塗装をさせていただいております。 これでまた毎日お乗りいただけるのでとても嬉しく思います。 修理後のハスラーを少し遠くから写した状態です。 今回は少し重たい作業内容でしたが、ご相談いただければ最善策をご提案させていただきます。 事故後の対応などの作業や、少し擦ってしまったような傷でも大歓迎です。 また、少しぶつけた状態や、小さな傷が他のパーツに影響して事故につながってしまう可能性は0ではありません。 今回のように大きな損傷に繋がる前に、気になる箇所があれば早めの点検をおすすめさせていただきます。 車だけであれば修理をさせていただくのは可能ですが、ご自身のお体となると治らない箇所も出てくると思います。 細かく点検していれば、故障などによる事故は防げますので宜しくお願い致します。 静岡県の沼津市、三島市、富士市、裾野市周辺にお住まいで車に関してお困りの方は是非当店までお越しください。 県外からのお客様も当店までご遠慮なく修理やその他車に関するお悩みなどご相談をお待ちしておりますので宜しくお願い致します。 JUNNOKI

日産プレサージュの左ガーニッシュ交換前と交換後の比較

JUNNOKI CAR 工房です。 平成19年式 日産 プレサージュの入庫となります。 入庫してからサイドガーニッシュを外した状態です。 画像でもお分かりだと思いますがドア部分がかなり凹んでしまっております。 本来であれば交換処理などを行っても良い所ですが、お客様のご希望により隠れる部分は直さず、できるだけ安価に仕上げたいとのことでした。 お客様のご要望にお応えするため、できるところまでやらせていただきます! 今回はサイドガーニッシュ交換をさせていただきますが、画像のような状態では取り付けることができません。 まずは応急的にドア部分の板金を引き出してサイドガーニッシュを取り付けられる状態にしていきます。 応急的に板金を引き出した状態です。 これで、交換用のサイドガーニッシュを取り付けられる状態になりました。 あとは交換用のサイドガーニッシュを取り付ける作業だけです! 交換用のサイドガーニッシュを取り付けた状態となります。 なんとか無事に取り付けることができましたが、作業としては簡単にはいかない作業になります。 ただ、お客様のご要望があればがんばらせていただきます。 別の角度から交換後のサイドガーニッシュを写した状態です。 綺麗にしているので、地面の模様が映りこむくらい反射していますね。 交換前のサイドガーニッシュと交換後のサイドガーニッシュの比較です。 やはり、交換して綺麗な状態になると乗っていても気分が気持ちいいですよね。 車は傷がついた状態で乗っていると本来の性能を発揮できなくなったり、放置していることによって傷口が広がったり、その部分の部品がダメになったりとデメリットが沢山あります。 ご相談いただければ今回のようにできるだけご希望に添えるようにご対応をさせていただきますので、もし傷や故障修理などでお悩みの方は一度ご相談お待ちしております。 静岡県の沼津市、三島市、富士市、裾野市周辺などでお困りの方は是非当店までお越しください。 県外の方も大歓迎ですのでどうぞお気軽にお申し付けくださいませ。 JUNNOKI

ハイエースのラジエーターを取り外した状態

JUNNOKI CAR 工房です。 平成23年式 トヨタ ハイエースの入庫となります。 今回はリザーバータンクが空になるとご相談を受けて点検作業をさせていただきました。 ハイエースのリザーバータンクです。 リザーバータンクと言われても「リザーバータンク?なにそれ?」と思う方も多いと思います。 簡単にお伝えさせていただくと、リザーバータンクとは車の中の冷却液を一時的に貯蔵するタンクです。 この冷却水が無くなってしまうと下記のような故障の原因になるのでかなり危険です。 [su_note

JUNNOKI CAR 工房です。 平成28年 トヨタ ヴォクシーの入庫となります。 今回はサイドガーニッシュに傷があるため修理をしたいとご依頼をいただきました。 知らない方のためにご説明をさせていただくとガーニッシュとは「装飾」などという意味があります。 通常は車の雰囲気を変えたり、機能的に直結するような効果があるものではないのですがサイドガーニッシュは細かい小石などが車体にはねたりするのを守ってくれる役割もあります。 損傷個所を確認させていただくと傷が結構入っている状態であることが確認できました。 この場合、サイドガーニッシュの交換などで対応を行わせていただきます。 サイドガーニッシュはその名の通り車の側面だけについているので交換にそこまで手間はかかりません。 サイドガーニッシュを取り外した状態です。 当初はサイドガーニッシュの交換だけで済むと思いきや、なんとサイドガーニッシュ下のスライドドアが凹んでいる状態でした。 これではサイドガーニッシュを新しいものに交換するだけでは済みません。 スライドドアも合わせて交換することになってしまいました。 スライドドア交換後の写真です。 交換前と比べるとかなり綺麗になったと思います。 仕上がりの綺麗さを写真でご覧いただけると幸いです。 車体の傷や凹みは、今回のように実際にパーツを外して確認してみないとどのような状況になっているかわからない場所もあります。 「ちょっとぶつけただけだから…」「そこまで大きな凹みじゃないし、また今度修理すればいいや」など修理を後回しにしてしまうと主要パーツがダメになってしまったり走行に影響が出てしまう可能性もあります。 もし車を傷つけてしまったり、凹みができてしまった場合は一度点検を行うことをおすすめさせていただきます。 不安な箇所は早めに解消し、気持ちよく乗車できるようにお手伝いをさせていただきます。 静岡県の沼津市、三島市、富士市、裾野市、御殿場市などで修理、車に関してお悩みの方はJUNNOKI