JUNNOKI CAR 工房です。 今回は平成22年の日産マーチの入庫となります。 早速直していきましょう。   リアバンパーが破損したとのことで、じっくり見ていきます。 バンパーを外してバックパネルを覗いてみると、思いのほか損傷がひどいことがわかりました。 修理を終えた結果としては、リヤパネル交換に加え、バックドアとバンパーの交換となりました。 ところでみなさん、バックパネルとはどこを指すか、すぐに思い浮かぶでしょうか。 バックパネルは、ちょうどリアバンパーの裏に当たります。普段はバンパーで隠れている部分ですね。 ちょうど、上の写真がバックパネルに当たります。 大きく凹んでしまっているのが分かりますね。 ちなみに、リアバンパーとは、2つのテールランプとトランクの下にある大きな部品。 バックでぶつけた際などに、傷や凹み入りやすいパーツです。 また、後ろから衝撃を受けた際には車の後ろを保護しつつ、相手の車の衝撃も抑制する役割を持っています。 最近のリヤバンパーは、安全性に加えて、車体のデザインやイメージを決めます。 傷がついたり凹んだりしたまま走るのはかっこいいとは言えません。 リアバンパーが破損を受けると、その裏にあるバックパネルも損傷を受けている場合が往々にしてあります。 こちらは、修理が終わったバックパネルです。 リアバンパー、バックドアを最後に取り付けて完成です。 キレイに元通りになりましたね。 「リアバンパーの少しの凹みだし、見た目はよくないけれど走行には問題ない」 そう考えて、傷や凹みを放って置くのは危険です。 今回のように、バンパーを外してみると、意外とバックパネルなどの内部の損傷も大きかったという事態は珍しくありません。 車の内部の損傷は、事故やトラブルを引き起こすことががないとは言えません。 そのため、少しでも傷がついてしまったら自分で判断せずに、お近くのディーラーや修理工房にお持ち込み頂き修理をすることをおすすめします。 もちろん、当店でもご対応させていただきますのでお気軽にお電話などでお申し付けくださいませ。   コロナ禍で、公共交通機関の利用を避け、マイカーでの移動が増えたという方も多いのではないでしょうか。 しっかりとメンテナンスをしてあげることで、安心してドライブできます。 沼津市、富士、三島周辺で車の板金修理や故障に関してお困りの方は当店までご来店お待ちしております。 県外からのお客様もお待ちしておりますので、よろしくお願い致します。   JUNNOKI

「旅行料金が最大半額になる」という、旅行好きには嬉しいGo To トラベルキャンペーン。 国内におけるコロナウイルスの流行が以前よりも落ち着いていることに加え、10月以降からは東京発着の旅行も割引の対象となったことで、注目度が高まっています。 さらに、10月からは高速道路の周遊券を対象にした割引プランも登場しているのです。 この記事では、マイカーでの旅行にGo

じゅんの木CAR工房 コロナウィルス

外出自粛やイベントの中止、新しい生活様式などをもたらした新型コロナウイルス。 公共交通機関の利用を控え、マイカーでの移動が増えたという人も多いのではないでしょうか。 今回は、コロナ禍において自動車の運転・乗車する際に気をつけたいポイントを紹介します。 できる限り、少人数で乗車をする 車というのは、どうしても「密」な空間を作ってしまいます。 車の大きさや乗車人数にもよりますが、車内ではソーシャルディスタンスを取ることが難しいです。 そのため、なるべく1人、もしくは少人数で乗ることを心がけましょう。 複数人で乗る必要がある際は、車内でもマスクをつける、窓を開けて換気をすることで予防ができます。 エアコンを内気循環ではなく外気導入にする 梅雨も明け、暑くなってきており、車内ではエアコンを付けっぱなしという人も多いのではないでしょうか。 車のエアコンは、車内の空気を冷やして循環させる「内気循環」と、外から空気を取り入れる「外気導入」があります。 車内を効率よく冷やすため、内気循環にしている人も多いかもしれませんが、コロナウイルス対策を考えると、おすすめは外気導入。 外の空気を取り入れて、換気された状態に保ちましょう。 窓を開けてこまめな換気をする エアコンの外気循環同様に、窓を開けてこまめな換気を行うことも大切です。 暑い空気が入って困るという場合には、窓の上部を数cm開けるだけでも効果があります。 特に複数人で乗車している際は、少しでもいいので必ず窓を開けましょう。 乗車前後のアルコール除菌 家の中に菌を持ち込まないために、また外から車内に菌を運ばないように、乗車前後にはアルコール除菌をしましょう。 面倒と感じても、ハンドルやドアなど、手で触った部分だけでも除菌シートで拭き取ると安心です。 車内にひとつ除菌グッズを入れておくと、消毒し忘れることもありません。 免許・車検時期のチェック コロナウイルスで電車などの公共交通機関の利用を控え、久しぶりに車に乗ったという人も多いのではないでしょうか。 気をつけたいのが、免許の更新時期や車検の時期のチェック。 しばらく車に乗っていないと、知らないうちに期限が切れていた、すっかり忘れてしまっていたなんてことが起こりかねません。 コロナウイルスの影響で期限延長の措置が取られている場合もあるので、確認しておきましょう。 車本体も同様に、久しぶりに乗る際には、きちんと動くかメンテナンスをすることをおすすめします。 もちろん、当店でもご対応させていただきますのでお気軽にお電話などでお申し付けくださいませ。 沼津市、富士、三島周辺で車の板金修理や故障に関してお困りの方は当店までご来店お待ちしております。 県外からのお客様もお待ちしておりますので、よろしくお願い致します。   JUNNOKI

じゅんの木CAR工房 H24ミニクロスオーバー

JUNNOKI CAR 工房です。 今回は平成24年ミニクロスオーバーの入庫となります。 左側のリア鈑金処理をしました! 左側のリア(後ろ)部分が凹んでしまっているのがわかりますね。 早速直していきましょう。 ちなみに、「板金」の意味はご存知でしょうか? 今回のケースのように、車が凹んだりしてしまった場合に、もとのキレイな状態に戻すための修理を板金と呼びます。 専用の道具を使いながら、パネルを裏側から叩いたり、表面から引っ張ったりしながら元の状態に戻していきます。 フレームが歪んでいる場合は、機械を使って修理することもあります。 車が激しく損傷してしまっている場合にはパネルやパーツそのものを交換することもあります。 今回は、テールライトのみの交換で、他は修理していくことにします。 板金は、今回のように大きく凹んでしまった場合以外にも行われます。 例えば、車に浅いひっかき傷などが付いた場合。 長年同じ車を運転していると、事故を起こしていなくても小石がぶつかったりすることで、小さな傷が付くことがあります。 外観を気にしないのであれば、放っておいても問題ないように思えますね。 しかし、放っておくことはおすすめできません。 車の塗装は、実はとても薄いという特徴があるのです。 そのため、傷が付くと内部で錆が発生してしまい、劣化する原因になります。 今回はパネルが硬く大変でした...。 色をきれいに塗って、何とか完成です! 今回は、左側のリア板金修理をしました。 交換部品はテールレンズのみであとは、板金で直しました。 今回のように大きく凹んでしまうと、みなさんすぐに修理をすると思います。 しかし、もっと凹みが小さかったり、傷が浅かったりすると、 「少し凹んでいるけれど大丈夫かな?」と考えて放置してしまう人もいるようです。 しかし、先ほども触れたように、錆というのは塗装の内側でどんどん広がっていきます。 見た目でだけでは浅い傷のように見えても、実際に修理をしてみると内部で錆が広がってしまっており、修理費が高額になってしまうこともあります。 そのため、少しでも傷がついてしまったらお近くのディーラーや修理工房にお持ち込み頂き修理をすることをおすすめします。 もちろん、当店でもご対応させていただきますのでお気軽にお電話などでお申し付けくださいませ。 沼津市、富士、三島周辺で車の板金修理や故障に関してお困りの方は当店までご来店お待ちしております。 県外からのお客様もお待ちしておりますので、よろしくお願い致します。   JUNNOKI

じゅんの木CAR工房 H17 ダイハツムーヴラテ

JUNNOKI CAR 工房です。 今回は平成17年 ダイハツムーヴラテの入庫となります。 オイル漏れの修復と、ドライブシャフトブーツとリヤマフラー腐食の交換をしました! まずは、オイル漏れから見ていきます。 エ

JUNNOKI CAR 工房です。 平成16年 ダイハツ ムーブの入庫となります。 お客様より中古車を買ったが、ルームランプが点いたり消えたり、消えなかったりとの事で入庫! いろいろ確認していくと、リヤバンパー事故の後、バンパーのみ交換していることがわかりました|д゚) バンパーを外すと超凹み!! 交換すると車が買えてしまうほどの修理なので、今回はパネルを頑張って引出す作業になります。 バンパーを外してみると、凹んでいるのがよくわかります。 [gallery

JUNNOKI CAR 工房です。 平成17年 スバル フォレスターの入庫となります。 本来バンパーは交換レベルでしたが、とても高い為中古探しましたが、無く、修理にて作業! [gallery columns="1" size="full" link="none" ids="1436"] ここで、スバル フォレスターの歴史をさかのぼってみましょう。 スバルの魅力と言えば、水平対向エンジンとシンメトリカルAWDを採用した低重心かつ安定した走りでしょう。 一度乗ればその魅力をすぐ体感することができるが故に、「スバリスト」と呼ばれる多くのフォロワーを獲得しました。 初代から、現行型まで、5代目まで登場しています。 そんなスバルでしたが、長らくSUVというジャンルの車種を持っていませんでした。(OEMモデルはありました。) そして満を持して1997年に登場したのが初代クロスオーバーSUVのフォレスターです。 現行型は、5代目になり、 2018年に登場した現行型(5代目)フォレスターは、静粛性や乗り心地など、走りの質感が、これまでのスバル車に比べて飛躍的に向上しており、まるで2クラス上のクルマの様な上質感を得たとされています。 SUVという言葉だけで表現できないのがフォレスターの魅力です!! スポーツカーのような走り、ワゴンのような荷室、高級セダンのような居住スペースなど、クルマとしての高い性能を各所に備えています。 フォレスターの今後のさらなる進化に注目したいです! [gallery

JUNNOKI CAR 工房です。 平成21年 三菱 ミニキャブの入庫となります。 走行距離が20万キロを越えて、オートマチックが滑り走行不可になってしまいました。 距離も距離なので、今回は中古品の低走行のオートマチックASSY交換です! [gallery