JUNNOKI CAR 工房です。

平成24年式 スバル フォレスターの入庫となります。

今回はタイミングベルト&ウォーターポンプの交換です。

タイミングベルトは一般的に10万キロ走らせると、車検時交換を勧められます。

ここでタイミングベルトとはいったいどんな部品なんでしょうか?

タイミングベルトの役割は、クランクシャフトの動力を受け取り、カムシャフトバルブを開閉します。

タイミングベルトによって、エンジンの燃焼と排気がスムーズにできます。

タイミングベルトはゴムの樹脂で作られています。

ゴムは時間が経てば経つほど硬ってしまうので、亀裂が入りやすくなったりするんです。

交換せずにそのまま使い続けると、ベルトそのものが切れてしまったりして、エンジンが止まり車が動かなくてなってしまう事もあります。

こうなってしまうと、エンジンを交換しなくてはいけないので、40~50万円ほどかかってしまいます。

だからこそ、切れてしまう前に交換することを推奨するのです。

ちなみに、どこかで走行中の車から「キュルキュル」という音を聞いたことがあるかもしれません。

それは、タイミングベルトが切れてしまう前兆です!

今回はタイミングベルト交換と、同じくエンジン内にあるウォーターポンプも交換しました。

タイミングベルトで動く部品であるので、寿命も同じくらいなんです。

壊れると冷却水が循環できず、エンジンがオーバーヒートしてしまう原因になります。

タイミングベルト交換時エンジンカバーを外すなら、一度に交換したほうが安上がりというわけです。

今回はエンジンカバーを外し、タイミングベルト交換、ウォーターポンプ交換しました。

ユーザーさんの使用状況にもよりますが、こまめにメンテナンス(オイル交換など)をし、車に負担のあまりかからない運転などを心がけることで、

燃費も良くなり、タイミングベルトを長持ちさせることができます!

交換をしなかったことで、小さな傷が他のパーツに影響して事故につながってしまう可能性は0ではありません。

車だけであれば修理をさせていただくのは可能ですが、ご自身のお体の事を考えると交換することをおすすめします。

少しでもおかしい点を感じたらお近くのディーラーや修理工房にお持ち込み頂き修理を行ってください。

もちろん、当店でもご対応させていただきますのでお気軽にお電話などでお申し付けくださいませ。

沼津市、富士、三島周辺で車の板金修理や故障に関してお困りの方は当店までご来店お待ちしております。

県外からのお客様もお待ちしておりますので宜しくお願い致します。

じゅんの木,JUNNOKI CAR 工房,沼津,富士,自動車修理安い,鈑金塗装,外車修理,ユーザー,車検,持ち込み,パーツ取り付け

JUNNOKI CAR 工房(じゅんの木グループ)
お問い合わせ TEL : 055-950-6139

認証工場 静第8342号

〒410-0874
静岡県沼津市松長40-2

Facebook
https://www.facebook.com/junnoki6139/

Twitter
https://twitter.com/junnoki

じゅんの木,JUNNOKI CAR 工房,沼津,富士,自動車修理安い,鈑金塗装,外車修理,ユーザー,車検,持ち込み,パーツ取り付け