JUNNOKI CAR 工房です。

今回は平成24年のフォルクスワーゲン・ビートルの入庫となります。

左ドアに凹みが多数あるという相談です。

鈑金修理をしていきます。

板金とは、車に傷や凹みがあったときに行う修理方法です。

ボディの凹みや傷を、あて板や専用のハンマーを使って、ボディを元の形に戻します。

多くの場合では、凹みを直すとともに塗装も行います。

傷がついて塗装が剥がれているケースなどでは、叩き出した外板が元々の色に合うように吹き付け塗装を行うのです。

修繕塗装する場合は、修繕した部分と周辺との色のずれを避けるために「ぼかし」という技術を使うこともあります。

これは、塗料を薄めながら周辺に塗り広げて調整して、補修した部分と周囲のカラーを同調させるテクニックです。

ただし、今回は真っ黒であったため、ぼかしの必要はありませんでした。

修理後は、バッチリ磨いてお返ししました。やはりブラックカラーは磨くとよく輝きますね。

今回は、ドアの凹み・傷の修理を行いました。

どれだけ気をつけて走行していても、飛び石や洗車機などでどうしても多少の傷はついてしまうものです。

「見た目が多少悪くなるけれど、目立たないし別に良い」、そう思って放っておいてしまっている人も多いのではないでしょうか。

確かにボディの傷や凹みがあっても、走行には影響を与えないかもしれません。

しかし、実は外観の小さな傷や凹みもなるべく早く直すべきです。

その理由は、傷や凹みは車の錆につながる可能性があるからです。

車のボディの塗装は0.1mmしかないと言われています。

そのため、傷がつくと多くの場合ではボディが露出し、そこから錆びが発生してしまうのです。

錆を目で見て視認できるのは傷がついている部分のみかもしれませんが、塗装の内側で広がっていっているケースもあります。

気が付いた頃には傷の周囲の内部にも錆が広がっているという事態になるかもしれません。

今回のように傷にすぐ気づき修理すれば、小さな範囲の補修で済みます。

しかし、内部まで錆が広がってしまうと修理する箇所も広くなり、必然的に代金も高額になります。

小さな傷や凹みは、外観に影響を与えるだけでなく、内部にも錆が広がる可能性があることを意識して、早めに修理に出しましょう。

もちろん、当店でもご対応させていただきますのでお気軽にお電話などでお申し付けくださいませ。

沼津市、富士、三島周辺で車の板金修理や故障に関してお困りの方は当店までご来店お待ちしております。

県外からのお客様もお待ちしておりますので、よろしくお願い致します。

 

じゅんの木,JUNNOKI CAR 工房,沼津,富士,自動車修理安い,鈑金塗装,外車修理,ユーザー,車検,持ち込み,パーツ取り付け

JUNNOKI CAR 工房(じゅんの木グループ)
お問い合わせ TEL : 055-950-6139

認証工場 静第8342号

〒410-0874
静岡県沼津市松長40-2

Facebook
https://www.facebook.com/junnoki6139/

Twitter
https://twitter.com/junnoki

じゅんの木,JUNNOKI CAR 工房,沼津,富士,自動車修理安い,鈑金塗装,外車修理,ユーザー,車検,持ち込み,パーツ取り付け