JUNNOKI CAR 工房です。

今回は平成28年のトヨタ・プリウスαの入庫となります。

今回は「縁石に下回りをぶつけてしまったら、エアコンが効かなくなった」というご相談です。

早速原因を突き止めて、修理していきましょう。

ボンネットを開けて、フロントバンパーを外してみると、エアコンのコンデンサーをぶつけてしまっていることがわかりました。

エアコンが効かなくなってしまっている原因は、コンデンサーの破損によりエアコンガス漏れが起きていることのようです。

やはり、コンデンサー取り付けの付け根から、エアコンガス漏れが起きてしまっていたようです。

ちなみに、コンデンサーとは、車のエアコンにおける熱交換器のことで、車内の余分な熱を外へ放出する役割を担っています。

プリウスαはハイブリッド車のため、通常のエアコンガスと混ぜることができません。

そのため、新品のハイブリット専用エアコンゲージを購入して取り付けることにしました。

修理完了後には、無事に元通り、車内にエアコンがキンキンに効くようになりました!

エアコンが効かなくなる原因は、今回のようにコンデンサーの破損によるエアコンガス漏れの他にも様々あります。

例えば冷媒を液体にする役割を持つコンプレッサーに不具合が起きていたり、エアコンガスが足りなくなっていたりという状況が挙げられます。

しかし、何が原因となってエアコンが効かなくなっているのかを特定することは易しいことではありません。

今回のように、修理のためにフロントグリルやフロントバンパーの取り外しが必須となってくることも少なくないのです。

これらはかなり専門的な分解となるため、知識や経験、工具がない方が自分で行うのは難しいです。

そのため、不具合を感じた際にはすぐに整備工場に相談することをおすすめします。

「寒くない/暑くないから、エアコンの修理はまた今度でいいや」というように、故障を放置しておくと修理範囲が広くなる可能性もあります。

その場合は、後々になって更に高額な修理代金が必要となるリスクもあります。

そのため「いつもと違うな」と感じることがあれば、すぐに整備向上やディーラーに相談することが大切です。

もちろん、当店でもご対応させていただきますのでお気軽にお電話などでお申し付けくださいませ。

沼津市、富士、三島周辺で車の板金修理や故障に関してお困りの方は当店までご来店お待ちしております。

県外からのお客様もお待ちしておりますので、よろしくお願い致します。

 

じゅんの木,JUNNOKI CAR 工房,沼津,富士,自動車修理安い,鈑金塗装,外車修理,ユーザー,車検,持ち込み,パーツ取り付け

JUNNOKI CAR 工房(じゅんの木グループ)
お問い合わせ TEL : 055-950-6139

認証工場 静第8342号

〒410-0874
静岡県沼津市松長40-2

Facebook
https://www.facebook.com/junnoki6139/

Twitter
https://twitter.com/junnoki

じゅんの木,JUNNOKI CAR 工房,沼津,富士,自動車修理安い,鈑金塗装,外車修理,ユーザー,車検,持ち込み,パーツ取り付け