JUNNOKI CAR 工房です。

今回はの平成26年のホンダ・N-BOXの入庫となります。

右側のサイドロッカーパネルに傷ができたという相談です。

早速見ていきましょう。

運転席のドアの部分に傷ができているのがわかりますね。

この部分を「サイドロッカーパネル」もしくは「サイドシル」と呼びます。

自動車のボディを、走行時の跳ね石やタールなどから守るための役割を果たす、保護パネルです。

ここは、縁石への乗り上げや走行中にぶつけることなどで傷が入りやすい箇所です。

最近のホンダ車のパネルは、かなり硬いようです。

サイドシルのパネルは、通常車のの倍くらいの厚さがあるそうで、なかなか直すのに苦労しました。

ロッカーパネルの修理において気をつけたいのは、フレームを丸ごと交換してしまうと、事故車扱いとなってしまうこと。

もしも事故車となってしまうと、車の価値が大幅に下がってしまいます。

実際はほんの小さな傷であっても「事故車」というレッテルが貼られてしまうと、売却の際に低価格での買取しか実現しなかったり、買い取ってもらえなかったりということが起こります。

そのため、可能な限り板金修理で元の状態に戻していきます。

まずは凹みを修復してゆき、その後に塗装をします。

非常に硬いホンダのパネルに苦労しながらも、修理を完了しました。

傷があったことがわからないほど、綺麗に元通りになっています。

今回のような事例でも、ディーラーに相談した場合は「フレームの交換が必要」と判断されてしまう可能性もあります。

もしフレーム交換をしてしまうと、事故車扱いとなり、車の価値が下がります。

将来的に車を売却しようと思っても、非常に低価格での買取となったり、価格がつかなかったりする場合もあるのです。

そのため、傷の修理などが必要な際や、ディーラーでの修理方法に疑問を持った場合には、整備工場や修理工場などに相談してみるのも良い手段です。

また、ロッカーパネルは目立つ部分ではないため、傷がついてもそのままにしてしまう人も少なくありません。

しかし、放置したまま年数が経つと、傷口からサビが出て腐食してしまう可能性もあります。

車を大事に長く乗りたい場合は、早めの修理が重要です。

もちろん、当店でもご対応させていただきますのでお気軽にお電話などでお申し付けくださいませ。

沼津市、富士、三島周辺で車の板金修理や故障に関してお困りの方は当店までご来店お待ちしております。

県外からのお客様もお待ちしておりますので、よろしくお願い致します。

 

じゅんの木,JUNNOKI CAR 工房,沼津,富士,自動車修理安い,鈑金塗装,外車修理,ユーザー,車検,持ち込み,パーツ取り付け

JUNNOKI CAR 工房(じゅんの木グループ)
お問い合わせ TEL : 055-950-6139

認証工場 静第8342号

〒410-0874
静岡県沼津市松長40-2

Facebook
https://www.facebook.com/junnoki6139/

Twitter
https://twitter.com/junnoki

じゅんの木,JUNNOKI CAR 工房,沼津,富士,自動車修理安い,鈑金塗装,外車修理,ユーザー,車検,持ち込み,パーツ取り付け