じゅんの木CAR工房 コロナウィルス

外出自粛やイベントの中止、新しい生活様式などをもたらした新型コロナウイルス。

公共交通機関の利用を控え、マイカーでの移動が増えたという人も多いのではないでしょうか。

今回は、コロナ禍において自動車の運転・乗車する際に気をつけたいポイントを紹介します。

じゅんの木CAR工房 コロナウィルス

できる限り、少人数で乗車をする

車というのは、どうしても「密」な空間を作ってしまいます。

車の大きさや乗車人数にもよりますが、車内ではソーシャルディスタンスを取ることが難しいです。

そのため、なるべく1人、もしくは少人数で乗ることを心がけましょう。

複数人で乗る必要がある際は、車内でもマスクをつける、窓を開けて換気をすることで予防ができます。

エアコンを内気循環ではなく外気導入にする

梅雨も明け、暑くなってきており、車内ではエアコンを付けっぱなしという人も多いのではないでしょうか。

車のエアコンは、車内の空気を冷やして循環させる「内気循環」と、外から空気を取り入れる「外気導入」があります。

車内を効率よく冷やすため、内気循環にしている人も多いかもしれませんが、コロナウイルス対策を考えると、おすすめは外気導入。

外の空気を取り入れて、換気された状態に保ちましょう。

窓を開けてこまめな換気をする

エアコンの外気循環同様に、窓を開けてこまめな換気を行うことも大切です。

暑い空気が入って困るという場合には、窓の上部を数cm開けるだけでも効果があります。

特に複数人で乗車している際は、少しでもいいので必ず窓を開けましょう。

乗車前後のアルコール除菌

家の中に菌を持ち込まないために、また外から車内に菌を運ばないように、乗車前後にはアルコール除菌をしましょう。

面倒と感じても、ハンドルやドアなど、手で触った部分だけでも除菌シートで拭き取ると安心です。

車内にひとつ除菌グッズを入れておくと、消毒し忘れることもありません。

じゅんの木CAR工房 コロナウィルス

免許・車検時期のチェック

コロナウイルスで電車などの公共交通機関の利用を控え、久しぶりに車に乗ったという人も多いのではないでしょうか。

気をつけたいのが、免許の更新時期や車検の時期のチェック。

しばらく車に乗っていないと、知らないうちに期限が切れていた、すっかり忘れてしまっていたなんてことが起こりかねません。

コロナウイルスの影響で期限延長の措置が取られている場合もあるので、確認しておきましょう。

車本体も同様に、久しぶりに乗る際には、きちんと動くかメンテナンスをすることをおすすめします。

もちろん、当店でもご対応させていただきますのでお気軽にお電話などでお申し付けくださいませ。

沼津市、富士、三島周辺で車の板金修理や故障に関してお困りの方は当店までご来店お待ちしております。

県外からのお客様もお待ちしておりますので、よろしくお願い致します。