JUNNOKI CAR 工房です。 平成24年式 スバル フォレスターの入庫となります。 今回はタイミングベルト&ウォーターポンプの交換です。 タイミングベルトは一般的に10万キロ走らせると、車検時交換を勧められます。 ここでタイミングベルトとはいったいどんな部品なんでしょうか? タイミングベルトの役割は、クランクシャフトの動力を受け取り、カムシャフトバルブを開閉します。 タイミングベルトによって、エンジンの燃焼と排気がスムーズにできます。 タイミングベルトはゴムの樹脂で作られています。 ゴムは時間が経てば経つほど硬ってしまうので、亀裂が入りやすくなったりするんです。 交換せずにそのまま使い続けると、ベルトそのものが切れてしまったりして、エンジンが止まり車が動かなくてなってしま事もあります。 こうなってしまうと、エンジンを交換しなくてはいけないので、40~50万円ほどかかってしまいます。 だからこそ、切れてしまう前に交換することを推奨するのです。 ちなみに、どこかで走行中の車から「キュルキュル」という音を聞いたことがあるかもしれません。 それは、タイミングベルトが切れてしまう前兆です! 今回はタイミングベルト交換と、同じくエンジン内にあるウォーターポンプも交換しました。 タイミングベルトで動く部品であるので、寿命も同じくらいなんです。 壊れると冷却水が循環できず、エンジンがオーバーヒートしてしまう原因になります。 タイミングベルト交換時エンジンカバーを外すなら、一度に交換したほうが安上がりというわけです。 [gallery

JUNNOKI CAR 工房です。 平成21年 三菱 ミニキャブバンの入庫になります。 今回は、タイミングベルト交換になります。 [gallery size="full" columns="1" link="none" ids="1298"] タイミングベルトの交換時期は実際いつがいいのでしょうか、 メーカーさんなどは、10万キロ交換を推奨していますが、 10年・10万キロ以上経ちますと、ヒビが入り切れる確率が高いくなります。 ユーザーさんの車の使用状況によって交換する時期は変わってきますが、 早くて6~7万キロ、遅くて13~15万キロとかなり差がでてしまうんです。 ゴム製の部品なので、熱・年数で硬化し、劣化してきます。 切れてしまうとエンジンはかかりません。 高速で運転中や、夜間の山道でトラブルがあると事故につながっていまう危険性があるので劣化を感じたらためらわず交換しましょう! [gallery