JUNNOKI CAR 工房です。 平成8年式 ホンダ アクティトラックの入庫となります。 今回は、左右のヘッドライト光軸調整修理になります。 ホンダ アクティトラックは2009年にフルモデルチェンジし、現在は3代目となっていています。 ターゲット層が主に農業をされている方をメインとした車のためロングキープデザインとなっています。 今回の取り換える光調整器にはオートレベリング、マニュアルレベリングがあります。 ちなみに「オートレベリング」と「マニュアルレベリング」の違いは何でしょうか、 オートレベリング機能は、自動的に照射軸を調整。   マニュアルレベリングは、運転席付近にあるダイヤルで調整。 重い荷物を積載したとき、リヤが沈みヘッドライトが上向きになるため、ハイビームのように眩しい車になり迷惑だと思われます。 マニュアルレベリングのダイヤルを下向きすることで、対向車にとっても眩しくないライトに調整することができます! [gallery